今まで色々あったけど、今は良好です。

多重債務、病気、アルツハイマー型認知症、老人介護、何だか色々体験しちゃいました。

多重債務者④

銀座でアルバイトをするようになって、かなり多くの方と知り合いました。

多分普通の生活をしていたら、まったく接点のない方ばかりです。

人間観察には面白い場所です。

 

アルバイト代が入って、給料が入るのですから、本当は早く借金が終わる予定でした。

でも結局それまでと同じでした。

人間というのは、自分だけで何とかしようとしてもなかなか上手くいかないものです。

 

平日は毎日家を出てから、帰るまで17時間から遅い(早い?)時には3時頃帰ってくるので19時間位の時間。

その間、時間が遅ければそれだけお酒を飲んでいたことになります。

私はお酒が弱くなかったし、肝臓も強かったので、体を壊すことなく過ごしました。

今考えるとかなりハードですね。

 

まあ色々とあって、お店も変わったりしましたが、昼の仕事の方に問題があり、辞めることになってしまいました。

バイトがばれたとかそんなことではなく、会社の組織が変わったために辞めることになったんです。

 

昼の仕事はなくなっても、何とか次の仕事が見つかるまで、凌いでいました。

 

ようやく仕事が決まりましたが、以前の給料よりかなり低くなり、このままだと

何年かかっても借金は減るどころか、益々多くなるように思い、ここにきて、

ようやく無料の法律相談に行くことにしました。

 

 

英国展

先日日本橋三越の英国展に行ってきました。

 

何とか展って見るのが楽しくて、ついつい行ってしまいます。

 

今回も別に目的が有ったのではなかったのですが、フィッシュ&チップスが売っていて、まだ食べたことがなかったので、一度食べてみようかと思い立ち、ビールもあったので、両方を持ってイートインコーナーで楽しんできました。

 

ビールは何種類かの飲み比べ。

 

あまりビール好きではないのですが、フィッシュ&チップスは思ったよりずっと美味しくて満足。

 

イギリスはイタリア旅行の時に、トランジットで寄って、飛行機遅れで12時間位滞在しましたが、街中を歩いたことはありません。

ただその時に空港で食べた食事がまずすぎて、食事も旅行の一つの目標になっている私としては、イギリスに本格的に行く気は全くなくなりました。

フィッシュ&チップスも美味しいという話をあまり聞いたことがなくて、食べる機会は今までにもあったのに、食べたことはありませんでしたが、今回はどういう気の迷い?が食べてみようと思ったのですが、食べてみて美味しくてビックリ!

 

食べ物に関しては、食べてこそが唯一の判断基準になりますね。

イギリスで昨年№1に輝いた店の物だからというのもあったのかもしれませんね。

 

全体的に紅茶とジャム(それもマーマレード)がメインの英国展でした。

スコーンが人気でしたが、前回買ってみたのですが、私にはパサパサしていて、美味しいと思えなかったので、今年は勿体ないので控えました。

やはりスコーンには紅茶が相性抜群なのかもしれません。

 

これから食欲の秋だからなのか、10月にはフランス展があるようです。

 

そういえば、帝国ホテルでも英国展を開催中で、フィッシュ&チップスも食べられるようですが、なかなかの値段でした。

 

震度7、激震だったでしょうね。

ニュースを見ると本当に悲しい気持ちになります。

この頃は台風も大型になり、自身も聞いたことのないような(知らないだけかもしれませんが)震度の地震が来ます。

阪神・淡路に新潟、東北、そして北海道。

知られていない活断層が見つかったり、自然は人間がコントロールできるようなものではないと、教えられます。

 

地震予知も、直下型だと緊急地震速報が入ってすぐに来るようです。

地震速報が入った時点で、えっ!?って思っていたら、何もできないうちに揺れが来るってことですね。

地震は怖いけれど、あと何年以内に大きな地震がくるって言うニュースがいつも話題になるけど、そんなニュースに踊らされて生活していては毎日精神的につかれてしまいます。地震がなくなることがないけれど、大きな地震にならないように、祈っていれば

祈りは天に伝わることもあるかもしれません.

 

関西の台風の被害も、北海道の地震の被害も、早く日常の生活が戻ってくることを祈ってます。

 

ボランティアもできず、ニュースでただ大変だ!と思っている人は(私がそうです。)

なるべく日本経済に刺激を与えるべく、日常の生活よりちょっと多めにお金を使うこと心がけようと思ってます。

 

北海道地震心配ですね。

まだ電気の復旧もなく不安な夜を迎えている方、本当に早く電気が復旧することを祈っています。

夜に電気がないと、余計不安が募りそうです。

 

誰でもそうでしょうが、地震嫌いです。

誰も気づかないほど小さな地震も気付いてしまう程嫌いです。

寝ていても必ず起きてしまいます。

前世は地震で死んだのではないかと一時期思っていました。

 

いつか関東大震災級の地震が来ると言われているし、本当に他人事ではありません。

水は定期的にとっていますが、その他の対策は全くしていません。

 

本当はタンスは倒れないように、乾パンなどの食べ物はある程度用意したほうが良いのだと解っているのですが、だめですね。

 

阪神・淡路の体験を聞いたことがありますが、人間て大変なことになると判断力がおかしくなるようです。

私の知り合いの人は阪神・淡路の地震のあった朝、仕事で同僚と他社訪問の為に駅で待ち合わせをしていたようなんですが、待ち合わせの時間に駅に行ったと言ってました。

マンションに住んでいたのですが、家の中はぐちゃぐちゃで水も電気もつかないのに、どうして仕事に行こうとしたのか、冷静になって考えれば仕事に行ける状況じゃなかったのに、とにかく待ち合わせの駅に行かなければと考えたと言うことです。

 

当然駅までは行きましたが、電車は動いていず、駅は壊れ、街中はひどい有様で、家に戻ったけど、マンションの部屋に行くのが大変だったと言ってました。

何せ10何階だったそうです。

 

パニクっていたんでしょうね。

 

命あってのものだねです。

 

3.11の時は、私も帰宅できずに途中で食事をして、朝までやってる喫茶店で時間をつぶし、結局次の日の夕方に家にたどり着きました。

当時は母も健在で、デイサービスに行っていたので、デイサービスに電話をしても繋がらず、安否確認するために、他県から交番に電話をかけて、おまわりさんに安否を確認してもらいました。

 

江戸時代の地震に関しての文献で、江戸の町の被災状況が書かれてある物があるそうですが、それによると、水とかさんずい着いた漢字を使っている地域、および谷が着いている地域の被害が大きく、分析してみると震度にして1位違うそうです。

 

自分の住んでいる場所がどんな地層かを知るのは大切なことかもしれませんね。

 

 

 

多重債務者③

昨日の台風21号は本当に大変な目に合われた方が大勢いらっしゃると思います。

復旧までには時間がかかると思いますが、まだ暑い日が続くようなので、お体に気を付けたお過ごしください。

 

さて、銀座で働きだして、その大変さを実感しました、お客さんに気を使い、ママにそれ以上気を使う。

お客さんに楽しかったと思っていただく、これだけでは務まらないようです。

銀座でのバイトで多重債務は返済が回りだしましたが、入ってくれば今まで以上に使ってしまう。

多分買い物依存症になっていたのに、それをそのままにお金が入ってくる状態になってしまったので、買い物の上に旅行に行くようになってしまいました。

幾ら働いても借金は減りません。

 

朝8時ちょっと前に家を出て、帰ってくるのは夜中の12時過ぎ。

当時銀座のバイトは一時間数千円。

1日分でもかなりの金額になります。週5日、月に20日以上。

今考えるとそんなにお金を稼いでいたのに、借金が減らなかったは異常ですよね。

バイトを続けていれば、自転車操業は解消していたので、続けていれば何とかなる、と軽く考えていました。

 

でもそんなのは安定した収入ではないので、綱渡り状態ですよね。

 

多重債務になると心には何とかしなくちゃとは思っているものの、借金の金額は怖くてどのくらいあるかはっきりと把握しなくなっていました。

 

恐ろしいことに海外旅行にも行ってました。

 

夜のバイトで銀座で働くと言う選択は間違えではなかったと思います。

銀座はお客さんが遊びなれている方が多い分、変なお客さんはあまりいませんでした。

お店の中ではいろいろは話をしますが、働いている会社ははそれなりの会社なので、おかしなことはできないし、おかしな方はあまりいませんでした。

なのでお店に来て、話をして、お酒を飲んで、遊んでいるっていう感じでした。

 

ただ誘惑に弱い人は働かないほうが良いかもしれません。

 

多重債務者

まだ慣れてなくて、記事書いたのに消してしまいました。

 

さて、銀座でバイトをしようと思い、探し始めました。

親にはカードの支払いが多くて大変なので、仕事後にバイトをしようと思っていると話しました。

全て自己責任で対処するというのが、我が家に基本。

借金をしたら、自分で何とかしないと。

 

バイト雑誌を買い、フロアレディー募集で探し始めました。

銀座で探し始めたのですが、最初に面接に行ったのは赤坂でした。

そんなお店で働いたこともなく、そんなお店で着るような洋服も持っていない、ノウハウも知らない素人ですので、すぐに見つかるなんて甘いことあるわけがなく、その場で落ちました。

 

次に行ったのは新橋。

ここは3日ほど働きましたが、クビになりました。

(後々ここで働いていた人と知り合いになり、話を聞いたらクビになって良かったと思いました。)

 

その次は銀座の端にある、若いママがいたお店でした。

お客さんはほぼ新聞社関係の方だということで、全てではないにしても、大手の新聞くらいは毎日チェックしてもらいたいと言われました。

ここは結果は保留になっていました。

 

4件目は銀座ど真ん中にあるお店。

こじんまりとしたお店でしたが、働いている女性はかなりいるらしく、面接時にバイトとは言え、そのうちに自分のお店を持ちたいと思う位の女性でないと物にならないと言われお断りされました。

 

ほぼ全廃です。

めげずに次へ。

どちらかと言えば新橋に近い場所にあったお店。

それほど大きくはないけどおしゃれな、内装にお金がかかっているようなお店でした。

面接途中でお客さんがいらして、中途半端な状態になりました。

そのお店は女性が辞めてしまってママが一人でやっていたので、お客さんがその日は結構いらして、もしよかったら今日お手伝いしましょうか?と言うと”お願い”ということで急遽お手伝いをすることになりました。

3時間ほどお手伝いをして、帰ろうとしたら、ママから明日から来れる?と聞かれたので、大丈夫です。と言うと””じゃあ明日からきて”と言うことで、バイト先が決まってしまいました。

本当にお手伝いだけと思っていたのにそれが良い方向に。

 

週5日、7時半から11時半までの時間です。

これで本当に支払いが楽になると思いました。

 

多重債務者

数年で多重債務者になってました。

 

多重債務者になっても本人はあまり気付いてません。

まだ支払いができている状態なので、そんなに問題だと思ってませんでした。

 

そのうちに買い物だけでなくカードを使いようになっていました。

それはそうです現金が無いから、食事に行ってもカード払いです。

 

分割祓いは最初5回位でしたが、それが10回になり、15回になり、最長の20回になりました。

20回になると重複している月日が長いので、支払いが終わって余裕が出るということもなくなりました。

 

それでも分割払いは分割の回数を払えばその払いは終了となります。

しかし、ついに分割ではなく、リボ払いを利用するようになりました。

毎月の支払いが一定で、楽!という言葉に踊らされ、買い物は全てと言っていいほどリボ払いになっていきました。

 

働いてから、まともに給料が残ったことが無いという、ひどい状態です。

 

こんな状態でも、仕事があって、給料とボーナスが入ってくれば、半年に一度は何とか挽回?してる。

 

でもそれも徐々に崩壊。

払っても払っても全く先が見えなくなってきたんです。

結局カードについているキャッシングも使うことになっていました。

かなり大きな雪だるまです。

そして、自転車操業状態です。

 

自転車操業はかなり長い間続けていましたがそれも危うくなり、ここに至って、何とかしなければと思い始めていました。

 

この頃、多分今多重債務に陥っている人もそうだと思いますが、ネットで多重債務者の書き込みを見て、まだ自分のほうがまし!だということを確認したりしていましたが、そんなことは何の役にも立ちません。

現実逃避です。

 

現実に膨らんだ借金は返さなければならず、返すにはお金を稼がなければなりません。私はバイトをすることにしました。

 

最初は皿洗いの仕事を探していましたが、まったくと言っていいほど見つかりませんでした。

そこで考え変えて、スナックでのバイトをしようと思い立ちました。

いわゆる水商売です。

 

そこで、いっその事銀座辺りでで働らいた方が良いのではないかと、その方が安全に働けるのではないかと考えました。

今考えれば、かなり無茶な考えだと思います。

 

実は会社の人につれられて、銀座の小さなクラブに行ってたりしたので、ある程度はどんな感じか知っていたことも思い立った要因でした。